HOME イベント カートを見る マイページへログイン ご利用案内 価格表 お問い合わせ ギャラリー
RSS

カーラッピングフィルムの注意点

カーラッピングを施した後のお手入れ方法や、注意すべき点をご存じでしょうか。弊社では、3M(スリーエム)、AVERY(エイブリイ)、HEXIS(ヘクシス)、ARLON(アーロン)などのカーラッピングフィルムを販売していますが、素材によってもお手入れ方法は異なってきます。

正しくお手入れすると、カーラッピングフィルムもきれいな状態を保ってくれます。こちらでは、カーラッピングフィルムでラッピングした後の注意点をご紹介します。

■ 洗車機は控える

ラッピングカーを洗車する場合には、高速で回転するブラシでの洗車機や高圧洗浄機での洗車は控えてください。高圧洗浄機やブラシの刺激によってラッピングが剥がれてしまう場合があります。特に施工直後の洗車も控えてください。施工から1週間経ってからの洗車をおすすめいたします。

また、ちょっとした汚れであれば簡単な水洗いや水拭きのみで十分きれいになりますが、放置された汚れは落ちにくくなることもありますので小まめに洗車することをおすすめいたします。そして過剰に洗いすぎないことも大切なポイントです。

■ ワックスは避ける

マット系のフィルムにワックスを使用してしまうとツヤが出てしまいます。また、フィルム表面に凹凸があるカーボンやブラッシュドにワックスを使用すると、ワックスが目地に入り込み白く残ることがあります。ラッピングフィルムの魅力を損なうため、固形ワックスやコンパウンドなどの使用は避けましょう。

■ 塗装が劣化またはコーティングしている場合

塗装が古く、劣化している車にカーラッピングを施工した場合、ラップフィルムを剥がす際に一緒に塗装が剥がれてしまう場合があります。そして、コーティングしている車の場合にはボディコーティングの種類によって、施工後、しばらくして剥がれや浮きが生じる場合があります。施工を依頼する際に、不安がある方はご相談ください。

弊社では、3M(スリーエム)、HEXIS(ヘクシス)、AVERY(エイブリイ)などのカーラッピングフィルムを販売しています。商品は通販にて購入可能です。カーラッピングのご相談も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。